2018年08月02日

Thin Lizzy / UK Tour '75 (2008)

UK Tour 75 - Thin LizzyUK Tour 75 / Thin Lizzy

シン・リジーの発掘ライヴ『UKツアー1975』

元々はラジオ放送用に録音された音源で、1975年11月21日のダービー工科大でのライヴ。5作目『ファイティング!!』のツアーということになる。シン・リジーはこの翌年にリリースする『脱獄』でブレイクするわけなので、その直前の時期の姿をとらえたライヴを聴けるのは有難い。スコット・ゴーハムとブライアン・ロバートソンはコンビを組んで1年ちょっと。こなれ具合は『ライヴ・アンド・デンジャラス』と比べるとまだまだかもしれないけれど、このバンドの売りとしてツイン・ギターを押し出しているのが分かる。

音質は良質とまでは言えなくても、それほど悪くはない。手直しなしの生々しいライヴ演奏が聴ける。
選曲・構成はこの時期ならでは。当時の最新作『ファイティング!!』からの曲は全て序盤〜前半に配置。A面の5曲は全部取り上げているのに、B面の曲は1つもやっていない。この3年前に大ヒットした「ウィスキー・イン・ザ・ジャー」を外しているのは、ツイン・ギターをフィーチャーしたハード・ロック・バンドへ完全に移行したことを主張するためだろう。次作『脱獄』で発表する「カウボーイ・ソング」が、「ダービー・ブルース」という仮題でここで既に披露されているのも興味深い。ラストに「リトル・ダーリング」がライヴ・テイクで聴けるのは貴重かな。


1. Fighting My Way Back
2. It's Only Money
3. Wild One
4. For Those Who Love to Live
5. Still in Love with You
6. Showdown
7. Suicide
8. Rosalie
9. The Rocker
10. Sha La La
11. Baby Drives Me Crazy
12. Me and the Boys
13. Cowboy Song (Derby Blues)
14. Little Darling
15. Sound Check Jam

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, lead vocals
Scott Gorham – lead guitar, backing vocals
Brian Robertson – lead guitar, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

Thin Lizzy / Inside Thin Lizzy 1971-1983 (DVD)(2005)

Thin Lizzy - Inside 1971 To 1983 [2004] [DVD] by Thin LizzyInside Thin Lizzy 1971 - 1983 / Thin Lizzy

シン・リジーの映像作品 Inside Thin Lizzy 1971-1983

Disc1は Thin Lizzy: A Critical Review 1971-1983 とタイトルがついている。約70分にわたって、5人の音楽プロデューサー、評論家、ミュージシャンらが登場して、アルバムごとにコメントしている。日本語の字幕を選ぶこともできるのが有難い。シン・リジーを一方的に褒めちぎるような内容ではなく、真っ当な評価コメントがされているので、各アルバムをもう一度聴き直してみたくなるし、先々月から自分がこのブログで書いた内容と比べてみたくもなる。裏話的なものも嬉しい。スコット・ゴーハムとブライアン・ロバートソンが加入する前に、別の2人のギタリストでツイン・ギターを試行していた(そのうち一人は元アトミック・ルースター、ハード・スタッフのジョン・デュ・カン、もう一人はアンディ・ジーという人)なんてのは初めて知った。

Disc2は Classic Thin Lizzy from the vaults と題され、彼らのライヴ映像やテレビ出演時のパフォーマンスが収められている。「ヤツらは町へ」がダブって計10曲、約42分のヴォリュームなので、ちょっと物足りない。
ジョン・サイクスがステージ前方へ進むと、最前列の観客の手が伸びてきて、ギターを弾くジョンの右手を引っ張ろうとするシーンは一瞬ヒヤッとするw 興奮してるのはわかるけど、迷惑行為が酷すぎる。


Disc 1: Thin Lizzy: A Critical Review 1971-1983
Disc 2: Classic Thin Lizzy from the vaults

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar, backing vocals
Scott Gorham – guitar, backing vocals
Brian Robertson – guitar, backing vocals
Gary Moore – guitar, backing vocals
Snowy White – guitar, backing vocals
John Sykes – guitar, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards, backing vocals
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

Thin Lizzy / Greatest Hits (DVD)(2005)

グレイテスト・ヒッツ [DVD] - シン・リジィグレイテスト・ヒッツ [DVD] / シン・リジィ

シン・リジーのヴィデオ『グレイテスト・ヒッツ』

前年に同名のベスト盤CDがリリースされて、こちらはその映像版。プロモーション・ヴィデオ、ライヴ映像、テレビ出演映像などを集めたヴィデオ・アンソロジー。ゲイリー・ムーアとの「アウト・イン・ザ・フィールズ」が収録されていないのは残念だね。
映像的にはやはりスコット・ゴーハムとブライアン・ロバートソンの2人がいるときが一番シン・リジーらしく見えて、安心できる。スノーウィ・ホワイトは居心地が良くはなかっただろうに、意外に自然な佇まいを見せている。
フィル・ライノットはクスリのやり過ぎで鼻の骨が溶けてしまい、プラスティックを入れていた(あの独特な声になったのはそのため)と聞いたことがある。自分が整形の類にほとんど気付かないくちだからかもしれないけど、このヴィデオをずっと見ていても不自然に見えるところはない。ちょっと鼻が大きくなった気もするけど…。見る人が見たらはっきり気付くものだろうか?

ソロ作品のKNや、ジョン・サイクスのブロンド長髪が揺れ動くI、『グレイテスト・ヒッツ』のタイトルに見合う選曲なのか微妙なMOPなど、自分は初めて見る映像も多く、とても楽しめた。ちょっと気になったのは、いくつかのPVでラスト10秒くらい画面が真っ白になること。何故なんだろう?


1. The Boys Are Back In Town
2. Don't Believe A Word (live)
3. Dancing In The Moonlight (live)
4. Rosalie (live)
5. Waiting For An Alibi
6. Do Anything That You Want To
7. Sarah
8. Chinatown
9. Killer On The Loose
10. Thunder And Lightning (live)
11. Bad Reputation (live)
12. King's Call
13. The Rocker
14. With Love
15. Dear Miss Lonely Hearts
16. That Woman (live)
17. Johnny The Fox
18. Wild One
19. Whiskey In The Jar (TOTP 1.2.73)

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar, backing vocals
Scott Gorham – guitar, backing vocals
Brian Robertson – guitar, backing vocals
Gary Moore – guitar, backing vocals
Snowy White – guitar, backing vocals
John Sykes – guitar, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards, backing vocals
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

Thin Lizzy / Vagabonds Kings Warriors Angels (box set)(2001)

thinlizzy_vagabonds_boxset.jpg

シン・リジーのボックス・セット『シン・リジーBOX』

フィル・ライノット没後15年の年にリリースされたボックス。CD4枚に73曲が収録されている。

Disc1は Vagabonds と題され、主にデッカ時代(1971-1973)の作品が集められている。
Disc2は Kings と題され、4作目『ナイトライフ』から6作目『脱獄』まで(1974-1976)がメイン。
Disc3は Warriors と題され、7作目『サギ師ジョニー』から10作目『ブラック・ローズ』まで(1976-1979)。
Disc4は Angels と題され、11作目『チャイナタウン』から13作目『サンダー・アンド・ライトニング』までに加えて、ソロ作などからも。
アルバム単位で区切ったため、Disc2やDisc3は選曲的に余裕があるけれど、Disc4はかなり詰め込んだ印象。『ファイティング!!』『脱獄』『サギ師ジョニー』『ブラック・ローズ』からは各5曲。対して『チャイナタウン』『反逆者』からは各2曲、『サンダー・アンド・ライトニング』からは3曲。こういうバランスになったのは仕方ないかな。
ついでに言っておくと、Disc1〜3はそれぞれサブ・タイトルの由来となった曲が入っているのに、Disc4では Angel of Death が漏れているのは残念。

レア曲もいくつか。自分が持ってるシン・リジーのレコード・CDの中で、ここでしか聴けないものは6曲。英国デッカと契約する前にアイルランドで1970年にリリースしたデビュー曲Disc1@、ドイツでのシングルB面曲だったDisc2@、『ファイティング!!』のアウトテイクDisc2L、シングル Chinatown のB面に置かれていたライヴ・テイクのDisc4C、雑誌の付録だったDisc4F、グランド・スラムでのデモ曲Disc4M。有難く聴いている。


Disc 1
1. The Farmer
2. The Friendly Ranger at Clontarf Castle
3. Remembering, Pt. 1
4. Dublin
5. Remembering, Pt. 2 (New Day)
6. Things Ain't Workin' Out Down at the Farm
7. Buffalo Gal
8. Sarah
9. Brought Down
10. Whiskey in the Jar
11. Black Boys on the Corner
12. Randolph's Tango
13. Broken Dreams
14. Vagabond of the Western World
15. Little Girl in Bloom
16. Slow Blues
17. The Rocker
18. Here I Go Again

Disc 2
1. Cruising in the Lizzymobile
2. Little Darling
3. Sitamoia
4. Philomena
5. Still in Love with You
6. Showdown
7. It's Only Money
8. Rosalie (single mix)
9. Half Caste
10. King's Vengeance
11. Suicide
12. Wild One
13. Try a Little Harder
14. Fighting My Way Back
15. Jailbreak
16. Romeo and the Lonely Girl
17. The Boys Are Back in Town
18. Cowboy Song
19. Emerald

Disc 3
1. Johnny
2. Don't Believe a Word
3. Fools Gold
4. Johnny the Fox Meets Jimmy the Weed
5. Massacre
6. Soldier of Fortune
7. Bad Reputation
8. Dancing in the Moonlight (It's Caught Me in Its Spotlight)
9. Killer Without a Cause
10. Warrior (live)
11. Are You Ready (live)
12. Rosalie / Cowgirl's Song (live)
13. Me and the Boys (live)
14. Parisienne Walkways - Gary Moore
15. Do Anything You Want To
16. Waiting for an Alibi
17. Sarah
18. Got to Give It Up
19. Roisin Dubh (Black Rose): A Rock Legend
20. Just the Two of Us

Disc 4
1. Dear Miss Lonely Hearts - Phil Lynott
2. King's Call - Phil Lynott
3. Chinatown
4. Sugar Blues (live)
5. Killer on the Loose
6. Don't Play Around
7. Song for Jimi
8. Renegade
9. Hollywood (Down on Your Luck)
10. Old Town - Phil Lynott
11. Thunder and Lightning
12. Cold Sweat
13. The Sun Goes Down
14. Sisters of Mercy - Grand Slam
15. Nineteen - Phil Lynott
16. A Night in the Life of a Blues Singer - Phil Lynott

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar, backing vocals
Scott Gorham – guitar, backing vocals
Brian Robertson – guitar, backing vocals
Gary Moore – guitar, backing vocals
Snowy White – guitar, backing vocals
John Sykes – guitar, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
Eric Wrixon – keyboards
Darren Wharton – keyboards, backing vocals

Frankie Miller – joint lead vocals
Roger Chapman – backing vocals
John Helliwell – saxophone
Huey Lewis – harmonica
Mark Nauseef – drums
Mark Knopfler – guitar
Rusty Egan – drums
Jimmy Bain – bass guitar and backing vocals
Laurence Archer – guitar
Doish Nagle – guitar
Mark Stanway – keyboards
Robbie Brennan – drums
Paul Hardcastle – keyboards
Robin George – guitar
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

Thin Lizzy & Philip Lynott / The Boys Are Back In Town - Swedish Collection (2000)

Boys Are Back in Town - ARRAY(0x11077a10)Boys Are Back in Town / Thin Lizzy & Philip Lynott

シン・リジー&フィリップ・ライノットの編集盤 The Boys Are Back In Town - Swedish Collection

ブックレットなどの曲解説がスウェーデン語で書かれている。普段お目にかからない言語だけど、おおよそ見当がつくくらいには読める。そう考えると、日本盤のレコードやCDを普通の欧米の人が入手しても、ほとんど読めない・意味が分からないだろうから、日本盤が一番身近にあって、海外のアイテムも大抵は入手しやすい&楽しめる日本のファンは恵まれているなと感じる。

Disc 1はシン・リジーの代表曲にフィル・ライノットのソロ・ナンバー3曲(EKM)を加えたベスト盤的選曲。『チャイナタウン』『反逆者』からは1曲もなし、『サンダー・アンド・ライトニング』からはOThe Sun Goes Down のみというのが意外かな。

この2枚組CDのストロング・ポイントはDisc 2。シン・リジーやソロのシングル曲・B面曲など、レア曲を集めている。セックス・ピストルズのメンバーと組んだザ・グリーディーズのGA Merry Jingle が聴けるのも嬉しい。
そして、こういう流れの中で聴くシングル曲DTrouble Boys はやっぱり突然変異的にシン・リジーらしくなくて、笑えてきてしまうほど。こんな分かり易い「分岐点」もそうそうないね。
各アルバムのデラックス・エディションなどがリリースされている現在では、どの曲もどこかに収録されているので、この商品の有難味はだいぶ下がってしまったな。

ソロ曲はこの流れで聴くとやっぱりシン・リジーとは異質だね。特に、アイリッシュなメロディをダークなリズムに乗せたDisc2@なんかはシン・リジーでは考えられない。フィルがソロ活動をし出したのとシン・リジーが低迷し始めたのがタイミングが重なるから、どうしてもフィルのソロ活動にいいイメージを持てないんだけど、切り離して考えるべきなんだろうね。


Disc 1
1. Jailbreak
2. Dancing In The Moonlight
3. The Boys Are Back In Town
4. Sarah
5. Don't Believe A Word
6. Solo In Soho
7. Johnny The Fox Meets Jimmy The Weed
8. Cowboy Song
9. Bad Reputation
10. Rosalie
11. Waiting For An Alibi
12. King's Call
13. Emerald
14. Old Town
15. Whisky In The Jar (single version)
16. The Sun Goes Down
17. Roisin Dubh / Black Rose A Rock Legend
18. Still In Love With You (BBC version)

Disc 2: bonus rare trax
1. Beat On The Drum
2. Somebody Else's Dream
3. A Night In The Life Of A Blues Singer
4. Don't Play Around
5. Trouble Boys
6. Memory Pain
7. Just The Two Of Us
8. A Merry Jingle - The Greedies

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Scott Gorham – guitar
Brian Robertson – guitar
Gary Moore – guitar
Snowy White – guitar
John Sykes – guitar
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards

Cover art: Jim Fitzpatrick
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

Thin Lizzy / Remembering Part 1 (1998)

Remembering - Thin LizzyRemembering / Thin Lizzy

シン・リジーの編集盤 Remembering Part 1

1976年8月にデッカからリリースされた編集盤のCD化。初期の代表曲が過不足なく収録されている。同じようなのをいくつ持ってるんだ? ジム・フィッツパトリックのイラストしか理由がない。

昨日から今日にかけて、同じアイルランド出身バンド・U2の『ポップ』(1997年)とそこから出たシングル(12インチ、CD)17種を聴いた。最初のシングル曲「ディスコテック」は8種類ものリミックス・ヴァージョンがあったりする。まさに音のお遊びをやり尽している感じ。
それに比べると、本作の音のシンプルさはどうだろう。「ウィスキー・イン・ザ・ジャー」でのギターの澄んだ響きが一層愛おしく感じられた。


1. Black Boys On The Corner
2. A Song For While I'm Away
3. Randolph's Tango
4. Little Girl In Bloom
5. Sitamoia
6. Honesty Is No Excuse
7. Little Darling
8. Remembering
9. Gonna Creep Up On You
10. Whiskey In The Jar
11. The Rocker

Personnel
Phil Lynott - bass, vocals
Eric Bell - guitar
Gary Moore - guitar
Brian Downey - drums

Cover art: Jim Fitzpatrick
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

Thin Lizzy / The Boys Are Back In Town (1997)

ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・シン・リジィ - シン・リジィザ・ボーイズ・アー・バック・イン・シン・リジィ / シン・リジィ

シン・リジーのライヴ・アルバム『ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン〜ライヴ1978〜』

1978年10月28日、シドニー・オペラ・ハウスでのライヴ。もともとはテレビで放送するために録音されたものらしく、裏面にテレビ画面をキャプチャーしたと思われる写真が使われている。ゲイリー・ムーアが加入したのは78年9月の全米ツアーからなので、1か月強経過した時期。『ブラック・ローズ』のレコーディングはまだ開始していないけれど、このライヴでは「アリバイ」をすでに披露しているのが注目点となる。なお、ドラムはブライアン・ダウニーではなく、マーク・ナウシーフ(ex-エルフ、イアン・ギラン・バンド)が叩いている。

音質はブート並みで、正直しんどい。オーディエンス録音なんだろう、遠くで演奏しているような聴こえ方。音が完全に団子状態で、特にドラムはまともに聞こえてこない。プレイもかなりラフで、肯定的に表現すればライヴらしい生々しさがある、と言えるかな。シン・リジーの名前で出ているものは全部揃えておきたいという人以外は手を出さなくていいだろう。


1. Jailbreak
2. Bad Reputation
3. Cowboy Song
4. Boys Are Back In Town
5. Waiting For An Alibi
6. Are You Ready
7. Me And The Boys Were Wondering, How The Girls Are Getting Home Tonight
8. Baby Drives Me Crazy

Personnel
Phil Lynott - bass
Gary Moore - guitar
Scott Gorham - guitar
Mark Nauseef - drums
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

Thin Lizzy / Wild One: The Very Best of Thin Lizzy (1996)

ワイルド・ワン~ベスト・オブ・シン・リジィ - シン・リジィワイルド・ワン~ベスト・オブ・シン・リジィ / シン・リジィ

シン・リジーのベスト盤『ワイルド・ワン〜ベスト・オブ・シン・リジィ』

フィル・ライノット没後10年という区切りでリリースされた。『デディケイション』とは違って、ジョン・サイクス在籍のナンバーも含まれている。アルバム・タイトルになった「ワイルド・ワン」が収録されているわけではないというのがちょっと謎なんだけどね。

デジタル・リマスターの処理により、音の分離がよく、エッジの効いたサウンドが聴ける。ある意味”蘇った”ような感じ。やり過ぎると別物になってしまって、それまで聴いていた感覚・想い出を塗りつぶしてしまいかねないけど、これはまあ許容範囲。自分はわりと保守的なもんで、あえてこういう蘇生術は望まない質。

また、日本盤ボーナス・ディスクには10曲のライヴ・トラックスが収録されている。これは6日前に記事にした日本独自編集のボックス『Great Box』のDisc 4 と同じもの。


Disc 1
1. The Boys Are Back in Town
2. Jailbreak
3. Don't Believe a Word
4. Waiting for an Alibi
5. Rosalie / Cowgirl's Song (live)
6. Cold Sweat
7. Thunder and Lightning
8. Out in the Fields - Gary Moore & Phil Lynott
9. Dancin' in the Moonlight
10. Parisienne Walkways - Gary Moore
11. Sarah
12. Still in Love with You (live)
13. Emerald
14. Bad Reputation
15. Killer on the Loose
16. Chinatown
17. Do Anything You Want To
18. The Rocker
19. Whiskey in the Jar

Disc 2: Limited Edition
1. Bad Reputation
2. Opium Trail
3. Are You Ready
4. Dear Miss Lonely Hearts
5. Chinatown
6. Got to Give It Up
7. Emerald
8. Killer on the Loose
9. The Boys Are Back in Town
10. Hollywood

 Tracks 1,2 recorded live at Seneca College Fieldhouse, Toronto October 28, 1977
 Tracks 3,4,6 recorded live at Dublin RDS Hall June 7, 1980
 Track 5 recorded live at Hammersmith Odeon, London May 29, 1980
 Tracks 7-10 recorded live in Britain 1983

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Scott Gorham – guitar
Brian Robertson – guitar
Gary Moore – guitar
Snowy White – guitar
John Sykes – guitar
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

Thin Lizzy / The Peel Sessions (1994)

The Peel Sessions - Thin LizzyThe Peel Sessions / Thin Lizzy

シン・リジーのライヴ・アルバム『ザ・ピール・セッションズ』

シン・リジーは1972年から1977年に11回、英国の国営放送BBCの番組『ピール・セッションズ』に出演している。延べ43曲がスタジオ・ライヴで披露されたそうで、ここには15曲がセレクトされている。

スタジオ・ライヴなので、ライヴ・アルバムほどの臨場感はない。それでも、スタジオ盤とは違うソロやアレンジを聴かせてくれるところもあったりするので、ファンなら聴いておいて損はない。
選曲的にも悪くない。オリジナル・アルバム未収録のシングル曲でゲイリー・ムーア参加のG「リトル・ダーリング」や、ゲイリー・ムーアがデュエットしているH「それでも君を」、ライヴ・テイクとしては初めて聴くIJKMあたりは貴重。

フィルはいつも黒っぽい衣装を着ていることが多いけど、本作のブックレットでは赤いTシャツで写っている写真が見れて、ちょっと新鮮だった。

2011年に『シン・リジー・アット・ザ・BBC』という6CD+1DVDのボックスが出ているので、本作は商品としての役割は中途半端なものになってしまった。まあそのダイジェスト版と考えればよいだろうか。


1. Whiskey in the Jar
2. Rosalie
3. Suicide
4. Emerald
5. Cowboy Song
6. Jailbreak
7. Don't Believe a Word
8. Little Darling
9. Still in Love With You
10. Vagabond of the Western World
11. Little Girl in Bloom
12. Killer Without a Cause
13. Bad Reputation
14. That Woman's Gonna Break Your Heart
15. Dancing in the Moonlight (It's Caught Me in Its Spotlight)

Recording dates
Track 1 recorded on 14/11/72
Tracks 2–3 recorded on 29/5/75
Tracks 4–6 recorded on 12/2/76
Track 7 recorded on 23/9/76
Tracks 8–9 recorded on 4/4/74
Tracks 10–11 recorded on 31/7/73
Tracks 12–15 recorded on 1/8/77

Personnel
Phil Lynott - bass guitar, vocals
Eric Bell - guitar
Gary Moore - guitar, vocals
Scott Gorham - guitar
Brian Robertson - guitar
Brian Downey - drums, percussion
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

Thin Lizzy / The Rocker (book+CD)(1994)

thinlizzy_therocker_1994.jpg

シン・リジーの書籍+CDのセット The Rocker

書籍は海外の本で一般的なペイパーバック。全308ページ。著者はMark Putterford という人で、タイトルは Philip Lynott The Rocker。サブ・タイトルとして This is the Story of a Cowboy's Life とあるし、目次の見出しをさっと見れば、フィル・ライノットの伝記として書かれていることが分かる。こういう英語の本をスラスラ読めるほどの英語力がないので、買っただけの状態になっているけど、いつか読み切りたいとは思っている。そのためにはある程度まとまった時間が必要。途中で止まっちゃったら多分そこまでになっちゃいそうだからね。

中に写真が何点か掲載されている。6歳くらいの誕生日に、たくさんの友達に囲まれて、カウボーイ・ハットを被ってバースデー・ケーキのろうそくを吹き消そうとしてほっぺを膨らませているときの写真とか、学生時代にブライアン・ダウニーと2ショットで撮った写真とか、愛娘サラを抱っこしている父親としての写真とかが見られる。そういうのを見れるだけでも価値がある。

なお、10日前に記事にした The Collection と同じCDが付いている。


1. Black Boys On The Corner
2. Little Girl In Bloom
3. Randolph's Tango
4. Return Of The Farmer's Son
5. Remembering
6. Whisky In The Jar
7. The Rocker
8. Buffalo Gal
9. Sitamoia
10. A Song For While I'm Away
11. Baby Face
12. Ray Gun
13. Sarah
14. Eire
15. Vagabond Of The Western World
16. The Friendly Ranger At Clontarf Castle
17. Mama Nature Said

Personnel
Phil Lynott - bass guitar, acoustic guitar, vocal
Eric Bell - guitar
Brian Downey - drums, percussion
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

Thin Lizzy / BBC Radio One Live in Concert (1992)

thinlizzy_bbcradio1.jpeg

シン・リジーのライヴ・アルバム『BBCラジオ・ワン・ライヴ』

1983年8月28日のレディング・フェスティバルのステージを記録したもの。
3月の全英ツアーがフェアウェル・ツアーだったにもかかわらず、5月に日本公演、8月にレディング・フェスティバル、最後の最後に9月4日のニュルンベルクでのライヴがマネジメントによってブッキングされた。バンド側もあまり乗り気ではなく、観客の側にも「まだ解散してなかったの?」「いつまでやってんだ?」的なモヤモヤが漂っていたようだ。まあ、このディスクを聴く限りとても盛り上がっているので、そういう空気はあまり感じないですむ。

本作よりも5か月前にライヴ・レコーディングされた『ライフ』と比べると生々しい臨場感のある音が聴ける。当然録音の環境・スタッフ、後の手の入れ方などが違うから、比べることにあまり意味はないけどね。フィルのヴォーカルは本調子とは言えず、無理してがなっているようなところもある。曲のニュアンスを伝えきれないもどかしさがところどころ滲んでいるね。ジョン・サイクスのプレイはバンドにより馴染んできたように思う。

本作のハイライトの一つにE「ア・ナイト・イン・ザ・ライフ・オブ・ア・ブルース・シンガー」が挙げられる。『ブラック・ローズ』をレコーディングしたときのアルバム未収録曲で、いかにもゲイリー・ムーアっぽい泣きのギターをジョン・サイクスが決めている。フィルの歌い方は声を抑え気味にして丁寧。あまり余韻を残さずにすぐに次の The Holy War を始めちゃうのはちょっと残念だな。

自分は国内盤CDと英国盤2枚組LPの両方を入手した。CDのジャケットは真っ黒だけど、LPのジャケットはかなり濃いグリーンで、レコード盤自体はエメラルド・グリーンっぽいカラー。光の透かし方によってはアイルランド国旗に使われる緑に近くなる。当然CDよりもレコードを出して聴きたくなるんだよね。


1. Jailbreak
2. Thunder and Lightning
3. Waiting for an Alibi
4. Are You Ready
5. Baby Please Don't Go
6. A Night in the Life of a Blues Singer
7. The Holy War
8. The Sun Goes Down
9. Emerald
10. Cowboy Song
11. The Boys Are Back in Town
12. Suicide
13. Rosalie Medley: Rosalie / Dancing in the Moonlight / The Cowgirl Song
14. Still in Love with You

Personnel
Phil Lynott - bass guitar, vocals
Scott Gorham - guitar, backing vocals
John Sykes - guitar, backing vocals
Brian Downey - drums, percussion
Darren Wharton - keyboards, backing vocals

Produced by Tony Wilson
Recorded August 1983: The Reading Festival
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

Thin Lizzy / Great Box (4CD box set)(1991)

シン・リジィ GREAT BOX - シン・リジィシン・リジィ GREAT BOX / シン・リジィ

シン・リジーのボックス・セット

1991年6月に日本のみでリリースされたCD4枚組のボックス・セット。日本フォノグラム20周年を記念したシリーズで、他にエルトン・ジョン、ロッド・スチュアート、10CC、ダイアー・ストレイツ、クール&ザ・ギャング、ハノイ・ロックスなどが同じ仕様で出ていた。正式なタイトルが明確でないボックスだけど、ウィキペディアの Thin Lizzy discography には Best Tracks という名称で掲載されている。

Disc1〜3にはヴァーティゴ時代の代表曲を網羅。Disc4は当時日本未発表のライヴ・テイク集となっているけど、いずれも現在では『チャイナタウン』や『サンダー・アンド・ライトニング』のデラックス・エディションなどに収録されているようだ。

ブックレットに載っていた「シン・リジー銀行」の話は面白かった。


Disc 1: Best Tracks 1
1. Whisky In The Jar
2. Still In Love With You
3. Sha-La-La
4. Rosalie
5. Suicide
6. Jailbreak
7. The Boys Are Back In Town
8. Cowboy Song
9. Emerald
10. Don't Believe A Word
11. Johnny The Fox Meets Jimmy The Weed
12. Massacre

Disc 2: Best Tracks 2
1. Soldier Of Fortune
2. Bad Reputation
3. Dancing In The Moonlight (It's Caught Me In Its Spotlight)
4. Do Anything You Want To
5. Waiting For An Alibi
6. Sarah
7. Got To Give It Up
8. Róisín Dubh (Black Rose): A Rock Legend
9. We Will Be Strong
10. Chinatown
11. Sugar Blues
12. Killer On The Loose
13. Hey You

Disc 3: Best Tracks 3
1. Angel Of Death
2. Renegade
3. Hollywood (Down On Your Luck)
4. Fats
5. It's Getting Dangerous
6. Thunder And Lightning
7. This Is The One
8. The Sun Goes Down
9. Cold Sweat
10. Baby Please Don't Go
11. Heart Attack

Disc 4: Live Tracks
1. Bad Reputation
2. Opium Trail
3. Are You Ready
4. Dear Miss Lonely Hearts
5. Chinatown
6. Got To Give It Up
7. Emerald
8. Killer On The Loose
9. The Boys Are Back In Town
10. Hollywood

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Gary Moore – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Snowy White – guitar
John Sykes – guitars, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards, backing vocals
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

Thin Lizzy / Dedication: The Very Best of Thin Lizzy (VHS)(1991)

thinlizzy_dedication_vhs.jpg

シン・リジーの映像作品『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・シン・リジー デディケイション』

ベスト盤のリリースに合わせて登場したもので、自分が持っているのはVHS。今日見たところ、テープに乱れた箇所もなく一安心。ただ、テープとデッキ、どちらも寿命はどんなもんだろう。

このヴィデオはクリップ集。当然初期のものは演奏シーンのみで、途中から演技も加わってくる。中でもJ「サラ」は微笑ましい。出てくる女の子がいかにも素人でスタッフの指示を待って移動するところとか、最後にスコット・ゴーハムがお茶目に登場するところとか。ただでさえフィル・ライノットの顔が怖いから、こういうほのぼのした映像はとても印象深い。

ゲイリー・ムーアとのM「アウト・イン・ザ・フィールズ」も、この曲のおかげでフィルが亡くなる1年前の姿が見られるわけで、とても有難い。赤と黒のミリタリー・ルックがバッチリキマっていて、まだまだ活躍できたはずと思わせてくれる。

CD同様、ジョン・サイクスは完全に外されている。バンドのアンソロジー的な映像作品なのにとても残念だ。


1. The Rocker
2. Whiskey in the Jar
3. The Boys Are Back in Town
4. Jailbreak
5. Don't Believe a Word
6. Bad Reputation
7. Dancin' in the Moonlight (It's Caught Me in Its Spotlight)
8. Rosalie (live)
9. Waiting for an Alibi
10. Do Anything You Want To
11. Sarah
12. Chinatown
13. Killer on the Loose
14. Out in the Fields
15. Dedication

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Gary Moore – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Snowy White – guitar
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

Thin Lizzy / The Boys Are Back In Town (CD single)(1991)

Thinlizzy_theboysarebackintown.jpg

シン・リジーのシングル The Boys Are Back In Town

ベスト盤『デディケイション』からのシングル・カットということになる。15年前の曲の再発が全英チャートの63位まで上がってるんだから、この頃シン・リジーが再評価されていた、というのは大袈裟でも何でもない。

@「ヤツらは町へ」はリミックスがされている。特にドラムの響きが人工的であまり好みではない。フィルのヴォーカルもソリッドにしすぎかな。

Cはライヴ・テイク。録音データのクレジットがないけれど、コピーライト・イヤーが1978年になっているので、『ライヴ・アンド・デンジャラス』を収録したときのアウトテイクなんだろう。


1. The Boys Are Back In Town
2. Johnny The Fox
3. Black Boys On The Corner
4. Me And The Boys (live)

<チャート成績>
 シングル:英63位

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Brian Downey – drums, percussion

Produced by Thin Lizzy / Philip Lynott / John Alcock / Nick Tauber
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

Thin Lizzy / Dedication: The Very Best of Thin Lizzy (1991)

Dedication the Very Best of - Thin LizzyDedication: the Very Best of / Thin Lizzy

シン・リジーのベスト盤『デディケイション〜フィルに捧ぐ シン・リジー・ベスト』

フィル・ライノットの死後5年経ってリリースされたベスト盤。シン・リジーのデビュー20周年記念という節目でもあった。何故かジョン・サイクス時代の曲が外されているので、文句なしとは言いにくいけれど、主要な代表曲が年代順に並べられている。ゲイリー・ムーアとのMPが収録されているのは嬉しい。

そして、アルバム・タイトルにもなった「新曲」のQがとにかく素晴らしい。キャッチーでかっこいい。元々はシン・リジー解散後にフィル・ライノットが組んだグランド・スラムでやっていた曲。彼らのライヴ作品 Twilight's Last Gleaming の中でも突出した出来の曲だった。このベスト盤を特別なものにするために、スコット・ゴーハムとブライアン・ダウニーが協力して完成させてくれている。そういうストーリーも含めて感涙…。バラードではないのに泣ける曲というのはなかなかないね。


1. Whisky in the Jar
2. The Rocker
3. Jailbreak
4. The Boys Are Back in Town
5. Don't Believe a Word
6. Bad Reputation
7. Dancing in the Moonlight (It's Caught Me in Its Spotlight)
8. Rosalie / Cowgirl's Song (live)
9. Still in Love with You (live)
10. Emerald (live)
11. Waiting for an Alibi
12. Do Anything You Want To
13. Sarah
14. Parisienne Walkways - with Gary Moore
15. Chinatown
16. Killer on the Loose
17. Out in the Fields - with Gary Moore
18. Dedication

<チャート成績>
 アルバム:英8位
 シングル:Dedication 英35位
      The Boys Are Back in Town 英63位

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Gary Moore – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Snowy White – guitar
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

Thin Lizzy / Lizzy Lives! (1976-1984) (1989)

thinlizzy_lizzylives.jpg

シン・リジーの編集盤 Lizzy Lives! (1976-1984)

米国でリリースされたベスト盤。A面がポリグラム・イヤーズ、B面がワーナー・イヤーズとタイトル付けされている。タイトルを見るとライヴ盤のように勘違いしそうだけど、ライヴ・テイクは2曲だけ。未発表ものはない。B6の冒頭は切り取り方がずいぶん雑でちょっとビックリ。

細かいことだけど、タイトルの1984は間違いだろうか。シン・リジーとしての活動は1983年9月4日のニュルンベルグでのライヴが最後で、1983年の末には Grand Slam の活動が始まっていたはず。
このレコードをリリースしたのが Grand Slamm Records ってのがなんとも不思議な縁だね。


Side A; The Polygram Years
1. Jailbreak
2. The Boys Are Back In Town
3. Cowboy Song
4. Don't Believe A Word
5. Johnny
6. Dancing In The Moonlight (It's Caught Me In Its Spotlight)
Side B; The Warner Years
1. Killer On The Loose
2. Hollywood (Down On Your Luck)
3. Waiting For An Alibi
4. Rosalie / Cowgirl's Song (live)
5. Thunder And Lightning
6. Are You Ready (live)

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Eric Bell – guitar
Gary Moore – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Snowy White – guitar
John Sykes – guitars, backing vocals
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton – keyboards, backing vocals

Produced by John Alcock / Tony Visconti / Thin Lizzy / Kit Woolven / Chris Tsangarides / Philip Lynott
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

Thin Lizzy / 2 Great Pop Classics (1987)

thinlizzy_2greatpopclassics.jpg

シン・リジーの編集盤 2 Great Pop Classics

『脱獄』と『サギ師ジョニー』(ともに1976年)を2枚組形式にしたオランダ・プレスのレコード。中古盤屋で安価で見つけたので入手した。他のアルバムを組み合わせたアイテムも存在するのだろうか。

ヴァーティゴからのリリースだけど、バンド・ロゴが使われていないし、写真でなくイラストが使われているので、「そういう」レコードなんだろう。


Jailbreak
Side A
1. Jailbreak
2. Angel from the Coast
3. Running Back
4. Romeo and the Lonely Girl
5. Warriors
Side B
1. The Boys Are Back in Town
2. Fight or Fall
3. Cowboy Song
4. Emerald

Johnny the Fox
Side A
1. Johnny
2. Rocky
3. Borderline
4. Don't Believe a Word
5. Fools Gold
Side B
1. Johnny the Fox Meets Jimmy the Weed
2. Old Flame
3. Massacre
4. Sweet Marie
5. Boogie Woogie Dance

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals, acoustic guitar
Scott Gorham – lead and rhythm guitar
Brian Robertson – lead and rhythm guitar
Brian Downey – drums, percussion

Produced by John Alcock
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

Thin Lizzy / The Collection (1987)

Thin Lizzy Collection - Thin LizzyThin Lizzy Collection / Thin Lizzy

シン・リジーの編集盤 The Collection

デッカ時代のマテリアルから17曲がセレクトされた編集盤。1985年に同じタイトル・同じジャケットの2枚組LPが出ていて、そちらは20曲収録(自分は未所持)。その18〜20曲目を削って1987年にCD化されたものが本作。収録時間は72分なので、おそらく当時のCDのギリギリだったはず。20曲目だった Little Darling を省いてしまったのはどうなんだろうね。

この時期のシン・リジーはどんよりとした暗さが持ち味だった。夏の暑い日に聴くには全く合わない…。


1. Black Boys On The Corner
2. Little Girl In Bloom
3. Randolph's Tango
4. Return Of The Farmer's Son
5. Remembering
6. Whisky In The Jar
7. The Rocker
8. Buffalo Gal
9. Sitamoia
10. A Song For While I'm Away
11. Baby Face
12. Ray Gun
13. Sarah
14. Eire
15. Vagabond Of The Western World
16. The Friendly Ranger At Clontarf Castle
17. Mama Nature Said

Personnel
Phil Lynott - bass guitar, acoustic guitar, vocal
Eric Bell - guitar
Brian Downey - drums, percussion
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

Thin Lizzy / Whiskey in the Jar (1986)

thinlizzy_whisky_1986.jpeg

シン・リジーの編集盤 Whiskey in the Jar

1985年のクリスマスにヘロインをやり過ぎて病院に担ぎ込まれたフィル・ライノットは、1986年1月4日に感染症、敗血症で亡くなってしまった。インターネットがない当時、その知らせを知ったのは確か数日後の新聞の朝刊だったと思う。その日付を正確には覚えていないけど、ロックにあまり興味のない友人が家に遊びに来ていて、その後明治神宮に初詣に行ったこと、途中でS&B所属のマラソン選手(金井さんだったかなあ)が練習しているのに出くわしたこと、とても風が強い日で代々木公園をよろけながら歩いたことを覚えている。

本作はその3か月後、1986年4月にリリースされた編集盤。デッカ時代、1971年から1974年までの作品12曲を収録していて、未発表ものはなし。出世作と言うべきシングル Whisky in the Jar が分かり易くフィーチャーされている。

フィル・ライノットがベースを弾いている写真が使われているレコード・ジャケットはとても多い。これもその一つ。どれもスリム体型でカッコイイ。晩年の姿に少しがっかりさせられるロック・ミュージシャンが少なくない中、フィル・ライノットの時間は36歳で止まってしまったので、いつもカッコイイまま。そういう称え方はおかしいかもしれないけどね。


Side A
1. Whisky In The Jar
2. The Rocker
3. Black Boys On The Corner
4. Little Darling
5. Buffalo Gal
6. Sitamoia
Side B
1. Honesty Is No Excuse
2. Things Ain't Working Down On The Farm
3. A Song For While I'm Away
4. Remembering
5. Sarah
6. Vagabond Of The Western World

Personnel
Phil Lynott - bass guitar, acoustic guitar, vocal
Eric Bell - guitar
Gary Moore - guitar, vocals
Brian Downey - drums, percussion
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

Thin Lizzy / The Boys Are Back in Town (1983)

The Boys Are Back In Town - Thin LizzyThe Boys Are Back In Town / Thin Lizzy

シン・リジーの編集盤 The Boys Are Back in Town

『ライフ』のリリースから1か月後(1983年11月)に出た編集盤。『ナイトライフ』(1974)から『反逆者』(1981)までのマテリアルが12曲収録されているけど、どういう趣旨の選曲なのかよく分からない。代表曲の「ヤツらは町へ」や「エメラルド」もあれば、あまり目立たないアルバム収録曲、シングルB面曲などもある。未発表ものはない。

ちなみに、ジャケット裏側に書かれているシン・リジーのバイオグラフィーの中で、スコット・ゴーハムの名前が Scott Gorman と間違えて記載されている。なんかスコット・ゴーハムが傲慢な人間のように思えてしまって、ちょっと笑えるw…


Side A
1. The Boys Are Back In Town
2. Don't Play Around
3. With Love
4. Emerald
5. Half Caste
6. Bad Reputation
Side B
1. Me And The Boys
2. Memory Pain
3. Sha-La-La
4. Got To Give It Up
5. For Those Who Love To Live
6. The Pressure Will Blow

Personnel
Phil Lynott – bass guitar, vocals
Gary Moore – guitar
Scott Gorham – guitars
Brian Robertson – guitar
Snowy White – guitar
Brian Downey – drums, percussion
Darren Wharton - keyboards
posted by 雑派 at 00:00| Comment(0) | Thin Lizzy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。